FC2ブログ

スクールの考え方「第三回」

中・高校生の不登校

中学生になると、人からよく思われたいという欲求が強くなりますが、今日の過酷な勉強中心の競争の中では、満足させられない場合が起こります。誰もが経験をするこのような挫折も、それをバネとするならプラスのエネルギーに、劣等感を強くして不安や葛藤に苦しむならマイナスのエネルギーを生んでしまいます。

明るかった子供も、徐々に失敗を恐れ、何事にもためらいがちになり、全体的に消極的になると緊張感が高まり、病気や試験、友人関係や家庭の事情などをきっかけにして、動けなくなります。その時自尊心が高く、繊細で、傷つきやすい心を持った子供は、周囲の攻撃に対して沈黙を守ったり体に変調を起こす事で自分を守ろうとします。
「周りの人はいつも自分を優しくいたわってほしい、自分が尻込みしたら手を引っ張ってほしい、それでも動けなくなったら手を握ってそばにいてほしい」これは親の庇護を必要とする子供の気持ちです。幼児期、親に頼らないと生きていけないから依存心は強く自分本位です。中学生、高校生になっても親からの精神的離乳がうまく行かない時、傷つきやすく、不安定な精神状態になってしまいがちです。

この時、心の中は悲観的で理屈に合わない思い込みにとらわれています。「勉強できないから、自分はダメな人間だ」とか「学校を辞めたので自分の将来はない」などですが、その根底には「成績の良い人間は優秀なはずである」「学校を卒業した人に未来は明るいはずだ」などの「~はずである」「~ねばならない」という事実にならない思い込みにとらわれています。知能や学力は、上下はあっても人格を評価する事ではありませんから、誤った思い込みなのですが、そのため心はいつも不自由な状態です。

考えるべきは、学校へ行く・行かないではありません。社会へ出て行けるか。行けないのであれば、どうすれば良いのかなのです。
「かくあるべし」「かくありたい」と願う向上心や、真実や、美しいもの、正しいものを追究する心を持ちつづける事は、大変難しい事です。大人達がいつの日か忘れてしまった崇高な精神や、自尊心は大切に守りぬかなければなりません。

不登校の子供達の掲げる理想は、高いがゆえに彼等を苦しめ、現実からの逃避という形を取ってしまうのです。現実は偽りや醜いものもありますが、それに対して自己主張する事をひかえて、自分を責めてしまうのです。

過去を否定的に、現在を消極的に、未来を悲観的に考えてしまう習慣を、さまざまな見方、考え方がある事を知る事で変化させる事が大切です。人間は生物に共通する基本的欲求である「安全に生きたい」という願望を一番に持ちます。健康でありたい、おいしいものを食べたい、そして家族の中で安心して暮らしたいなどです。次に集団に帰属したい欲求、仲間と共にいたい、愛情に包まれていたいなどです。そして人から認められたい、尊敬されたい、自信を持ちたいという、より高い欲求があります。最も高いものとしては、人は創造したい、能力を発揮したいという欲求があります。

自信は自分を信じると書きますが、自分の可能性や未来を、希望を持って信じる事です。過去を肯定的に、今を積極的に、未来を楽観的にみる事です。発達途上にある自分、傷つきやすい自分、何かにとらわれてしまいそうな自分を見詰める事が出来たならば、本物の自信を得る事になるでしょう。

テーマ : 子供の教育 - ジャンル : 学校・教育

スクールの考え方「第二回」

小中学校の不登校

朝、登校時間になるとぐずり出し、頭痛、腹痛などの諸症状を訴えて、登校を渋りこれが続くと朝起きれなくなり学校を休みます。こうして、何週間、何ヶ月も続くと自宅にこもり、口も利かなくなります。無理に連れ出そうとすると、家の人に暴力を振るったりする事もあります。夕方、学校の授業時間が過ぎるとケロリとしており、精神的能力の低下は認められません。

こういう子供達が増えてきた背景には、宿題や塾の勉強に追われて遊び仲間のなかで自分を思い切り表現し、他の子供達とぶつかり合う事が少なくなってきた事や、社会経験としてのギャング時代の体験を持たない子供の増加が考えられます。
家庭では勉強の妨げになるとして、掃除や家事の手伝いも取り上げられる事が多くなっています。
地域から遊びの場がなくなり、家族の外での人間関係を結ぶ機会が失われ、家庭では社会からの刺激にさらされないよう保護されると、自発性や社会性が育ちにくくなります。
友達との遊びの中での冒険や探検は、自発性の発達に好ましいのです。多少不安に付きまとわれながらも、危機に接近し克服すると、より自分らしい感覚が深まります。
お手伝いも少ないと責任感や労働意欲が養われず、家族という共同体の運営に役割を果たさない事は、社会性の芽を摘んでしまいます。
自分で考え、自分で行動し、判断して、責任を取る態度―自主性の発達は自発性、社会性の発達と無関係ではありません。

発達を妨げる一つの要因として、父母の養育態度があげられます。母親の言い過ぎ、与え過ぎ、かまい過ぎに見られる過保護、過干渉はよく指摘されるのですが、父親も責任を免れません。父親が不在である場合はもちろん、健在であっても父無き状態になっている場合、主導権を任せられた母親は、育児から教育までは母子関係を密着させてしまいます。包みこまれた子供は母親から分離できず、結果として子供は依存的になったり、耐性が弱くなってしまわざるをえません。
父親が子供の心の支えになっていないと、子供の心の成長にとって問題となります。父親はみずからが社会の中で真剣に生きている姿を子供に示し、生活や社会の筋道を教えていく役割や、厳しさやたくましさを心の栄養として送り込む役割を担っているはずです。

ではどうすれば良いのでしょうか。例えば、体の弱い子には、どうしても過保護に扱ったり、溺愛しがちになりますが、そうすると子供は依存心が強く自分本位になって、小さい事を気にしたり、すぐ癇癪を起こしたりします。親の養育態度を改め病気に立ち向かう気持ちを強くする事です。
我慢する力を養う事です。子供の物質的要求や、金銭的要求をきちんと制限する事が必要です。年齢に応じた不自由さを考えてやる事は、我慢する力、耐える力を育てます。
心を鍛えるのに、つらい体験をさせるのも必要です。そしてそれを乗り越える機会を増やす事で、どんな環境にも適応できる強い心を養っておく事です。石を一段一段積み重ねるように、小さな成功体験を重ねる事が、どのようなところでも耐えていける力をつける事になります。誤解しないでほしいのは、いきなり格闘技をやらせたり、強制的にむりやりスパルタ式にやる事ではありません。

子供自身の問題であるよりも、家庭の問題、殊に両親間、あるいは親との葛藤、あるいは友人との葛藤をきっかけにしている場合が多く、子供ばかり目を向けても解決されません。

テーマ : 子供の教育 - ジャンル : 学校・教育

スクールの考え方「第一回」

今!精神を問う

不登校のタイプを区分すると、学校に行こうと思えば行けるタイプと学校に行こうと思っても行けないタイプに分けられます。両者の共通点としては、精神的に幼い、精神的に弱い、社会適応能力に欠ける、情緒の発達のバランスを欠いている所が見られます。

特徴としては、まず依存心が強く、自主性・自発性が発達していません。自分で考えて行動し判断して責任を取る事が難しく、すぐ他人の責任にしてしまいます。「甘え」という形で出てきます。そして、「幼児的依存心」を中高生まで引きずって、障害にぶつかると挫折という形になります。
次に、非常に自己中心性が強い事です。デリケートで感性豊かという表現は、ちょっとした事で心は傷つきやすく、感情のコントロールが上手く行きません。俗に言う「キレル」という現象が起きてきます。これは自分の内面ばかり気にしている事が考えられます。
「いつも本当の自分をわかってほしい」という気持ちも強すぎると逆に「どうせわかってくれない」と考えてしまうようです。また、他人を外見で判断し他人の内面を想像する事はなかなか難しいようです。
更に思い込みが強く、固定観念・先入観が強いようです。たとえば、「どうせ親父は…」とか「きっと先生は…」など、実際現実的ではないとらわれに陥っている場合が、程度の差こそあれ多いようです。ひどくなると「皆自分を嫌っている、どうせ自分は駄目な人間だ」と病的になったりする事もあります。

子どもたちは皆、以上挙げた依存心の強さや自己中心性、社会性の未熟さを持っています。徐々に家庭や学校、社会の中で発達させていくものです。子供から大人になって社会に出て行く事は、これらを一つずつバランス良くクリアしていかなければなりません。不登校の子どもたちは、発達のアンバランスさからくる社会適応能力の欠如だと考えられます。

ではなぜこのような子どもたちが十三万人を越える数字になったのでしょうか。甘えが強く自分本位で頭でっかちの子供を作ってきたのは、実はかなりの部分家庭の父母の養育態度が大きいと考えています。父親不在の家庭によく見られる不登校は、この不安を典型的に物語っています。近親者の死別、離婚、不仲、単身赴任等による家庭の揺らぎが子供に影響を及ぼしているようです。

不登校の対策として、フリースクール玄海では「自立を目指して」をテーマにあげて指導に当たっていますが、幼児的依存心の強い子を徐々に自立に向かわせるにはまず「自律」が大事になると考えています。他人に言われてやる他律から自分で決めてやる自律への移行は大きなテーマです。
次に、関心が自分ばかりに向かう子供達には、他人への貢献(思いやり)を身につけさせたいと思っています。自分の幸せばかり願うのではなく、他人の幸せも願う子供になってほしいと考え、その意味でも道徳教育は大事だと思います。
次に、思い込みについてですが、とらわれからの開放は、いきなり「それは間違いだ」とか、いくら「少しおかしい」といっても聞き入れられません。一番問題なのは、終始同じような事を考えている否定的・消極的・悲観的状態です。
坐禅や写経は呼吸法や姿勢に意識を集中させる事によってリラクゼーションを得る事が出来ます。非常に効果的な指導法だと考えます。いつも緊張している状態から「弛緩」を取り入れ、交互にリズムをつける事によって、本来ある生命力は活性化していきます。物の見方、考え方を変化させるのはこれらが前提となります。
次に欲求を考えてみると、人間の欲求は、まず安心・安定です。次に家庭や仲間との愛を育みたいというものです。第三に集団に帰属したい。第四に人に認められたい、成功したい、他人より優れたい。最後に自分らしくありたいと思うのです。

以上の事から、昼夜逆転している子供に「何になりたいの?」と聞いても無駄です。おそらく彼等の回答は「ゲームがしたい」が多いでしょう。彼等の欲求がどの段階にあるのかを考えていく事が大切です。子供達の発達段階や家庭環境、生育歴を良く観察しながら、どこを伸ばせば良いのかを、発達や欲求を考慮しながら指導するのが効果的であると考えます。同じ世代が集う、社会性を身にける場所として、やはり学校は必要な場所なのです。不登校は決して「価値観の違い」からくる「自由」や「個性」の発露ではないのです。学校に行く・行かないが問題ではないのです。社会に出ていけるか否かが大切な事で、学校や家庭で子供達に何を身につけさせなければならないかを考えてほしいのです。

子供達には将来、弱い人や困った人を助ける事が出来る人間になれ、その為に強くなりなさい、人のために運動も勉強もがんばりなさい、といっています。そして私達職員も便器磨きをしながら、自分自身も磨く事を忘れてはならないと考えています。

テーマ : 子供の教育 - ジャンル : 学校・教育