スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嶋田の独り言「2008年4月」

気力を充実させて元気になるには、米粒ほどの小さな氣を茶碗一杯にすると良いそうです。少し良い事をすると氣は増えるようです。
 毎日一粒一粒増やしていくには五感を働かせる事が大切です。目、耳、鼻、口、手で見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れる活動をしているのです が、少し工夫して”人を見る”から人の長所を視るへ” 人の話を聞く”から人の話を一生懸命聴くへ。これで米粒二つです。
 ただ食べるのではなく、作ってくれた人に感謝して食事を味わう。こうして少しずつ氣を養ってゆけば、いつしか元気に明るくなってきます。
 明るい人には、蜜蜂が花に集まるように人が集まってきます。幸せはその人たちが運んでくるのかもしれません。
 平凡な日常の中で、ささやかなことに喜びを見つけられたらそれは幸せを感じる力がついてきたからです。 
 自分には見えないけれど雨雲の上にはいつも輝く太陽があります。降る雨の大地にしみいる音があります。
 木々の間をすり抜けてゆく風の音がメロディーとして聞こえる人がいます。
 今はまだまだ聞こえないけど、いつかそんな人に近づけたらいいですね。
 
スポンサーサイト

テーマ : 子供の教育 - ジャンル : 学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。