スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクールの考え方「第八回」

人生

不登校の児童生徒の増加は著しく、全生徒の2%に達し社会問題となっています。一部の識者は、この現象を抑圧体制である学校へのプロテストと捉えていますが、実態はかなり異なっています。学校の体制・ありようは、ここ30年ほとんど変わっていません。変わったのは子供です。

不登校の生徒に共通して言える事は、非常に依存心が強く自己中心的な点です。物事を真面目に考え込むタイプで、周囲に合わせる事ができません。プライドが高く勘が鋭いので、クラスや友人間で孤立しやすく、家に篭るうちに昼夜が逆転し、家族としか関わらないから社会性を失い、社会適応能力がなくなります。耐えた経験が少ないので、こらえ性が無く、嫌な事を我慢できません。社会規範を学ぶ機会が少ないので、やる事が頓珍漢で知らないうちに周囲と摩擦を起こします。マイナス評価が多いので自分に自信が持てません。

「学校なんてつまらないからいかなくてよい」という識者もいますが、問題はもっと深刻です。つまり彼らはある特定の学校に行かないのではなく、社会全般に行けないのです。

学校に適応できないという事は、社会に適応できないとほぼ同意義です。
学校はその国の社会のモデルです。
学校は確かに退屈な所で、尊敬する教師も信頼できる友人もいないかもしれません。しかし、それに耐える事によって子供は社会性を身につけていきます。時間を守って登校する、掃除をする、給食を食べる、授業を聴く。10歳から15歳の子供が学校を経験せずに社会性を身につける事はおそらく不可能でしょう。

同年代とも地域とも関わらない事は、人格の形成に歪みをもたらします。知的好奇心が旺盛な思春期の子供が社会との関わりを拒絶するならば、それは深刻な心の問題と認識した方が良いでしょう。

この子供達の自己否定は深刻で、母親はまずその子の存在を受容しなければなりません。父親はその母親を支えなければいけません。
不登校という現象は学校に対して起こりますが、真の要因は家庭に有るので、家庭が変わらなければなりません。

受容から生活習慣の確立、社会トレーニングの練習、平行して個別カウンセリング、心の内面の吐露から規範の学習へとステップを踏み、時間をかけてゆっくりと療育を行うべきでしょう。一定期間家を離れるのも効果的です。出来た事を誉めてあげる、出来るようにプロセスを組んであげましょう。

戦後の民主化や経済の成長・生活の豊かさを否定する必要はないですが、物質的に豊かになるだけで人間は豊かになれません。人間として本当に豊かな社会とは、経済と共に心が豊かな社会である事を認識すべきです。心の豊かさとは理想を求める心で、我々は子供に対して新しい社会のビジョンを示すべきです。互いに助け合い分かり合える社会をです。現代の若者は非常に孤独です。

人間を支配するものは、お金ではなく理念です。それが無ければ集団を維持できません。子供には理念を示すべきです。子供が変わる前に大人が変わらないといけません。父親・母親は面子やプライドを捨てて、子供と一人の人間として向き合うべきです。
初めはそっぽを向いていてもいずれは心を開くものです。子供を助けるのは親しかいません。子供は愛される事によって落ち着きを取り戻し、躾られる事によって社会の規範を学びます。

皆と一緒に勉強したり、歌を唄ったり、掃除をしたり食べたりする事を心と体で体験する事で生きる事の喜びを味わってほしいのです。人生に喜びや夢を持ててこそ、嫌な事にも耐えられるのです。


「人生は美しく、意味がある」ことを家に閉じこもっている子供達に教えなければなりません。
スポンサーサイト

テーマ : 子供の教育 - ジャンル : 学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。