スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月のことば

ある日のこと。 いっすんぼうしは、きちんと両手をついて言った。

「おいら、ひろい世の中へでてみたくなりました。じいちゃん、ばあちゃん、おひまを下さい」

おじいさんと、おばあさんは、えらいおどろき、

「なんと、おまえ。むらの子にいじめられるようなものが、どうして、一人で世の中へ出られるや」

と聞いた。すると、また、いっすんぼうしは、

「おいら、それだから、ひろい世の中へでてみたくなりました。ぜひ、ぜひ、いかせてください」

しまいには、おじいさんと、おばあさんは、根負けして、

「ならば、気をつけて、いけや。大きくなって、もどるんだぞ」と、

いっすんぼうしの願いを許しました。


昔話の「一寸法師」の第二章は、この一人の旅立ちから展開する。

おじいさんは「大きくなって戻るんだぞ」と、一寸法師の旅立ちを許してくれる。

人間の一人立ちは、自立の決意から始まる。

人間がすくっと前向きに立って、どんなことがあっても、

ぐずぐずせず、ふらふらせず、くよくよせず、後ろを向くことなく、

しっかりと自立の生き方をすることが大切なことなのである。

「ならば、きをつけていけや。大きくなって、もどるんだぞ」という、

おじいさん、おばあさんの言葉は、一寸法師への決別の言葉であると同時に、

子を離すことによって、はじめて知る、親の一人立ちの決意が秘められている。

それが、親が自立の中で知る、一人立ちの子に対しての「祈り」となるのである。

親の子供に対する愛は

祈りとなって

はじめていのちとなる

村人にいじめられていた、一寸法師の一人旅を送った、

おじいさん、おばあさんの切ない祈りを拝みたい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。