スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七月の詩

 夏のかぜ 山よりきたり 三百の 牧のわか馬 耳ふかれけり    与謝野 晶子


 真砂なす 数なき星の 其の中に 吾に向ひて 光る星あり     正岡 子規


 白鳥は 哀しからずや 空の青 海のあをにも 染まずただよふ   若山 牧水


 不来方(こずかた)の お城の草に 寝ころびて 空に吸われし 十五の心 石川 啄木
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。