スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一月の詩

 鶴岡の 霜の朝けに 打つ神鼓(しんこ) あなたうたふと 肝にひびかふ   吉野 秀雄

 山空を ひとすぢに行く 大鷲の 翼の張りの 澄(すず)み澄みたる    川田 順

 敷島の 大和心を 人問わば 朝日ににほふ 山ざくら花          本居 宣長

 なにごとの おはしますかは 知らねども かたじけなさに 涙こぼるる   詠人しらず
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。