スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十月の詩

 おりたちて 今朝の寒さを 驚きぬ 露しとしとと 柿の落葉深く   伊藤左千夫

 ゆく秋の 大和の国の 薬師寺の 塔のうえなる 一ひらの雲     佐々木信綱

 なにとなく 君に待たれる ここちして 出てし花野の 夕月夜かな  与謝野晶子

 大そらを 静に白き 雲はゆく しずかにわれも 生くべくありけり  相馬御風
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。